いつでもネットを利用して名刺印刷を依頼できる専門業者はおすすめ

名刺を差し出す男性

デザインデータがなくなった名刺印刷は専門業者に相談しよう

赤色の名刺ケース

これまで名刺印刷を依頼してきた印刷業者が廃業した際にデザインデータを受け取らなかった、デザインデータを自前で保管していなかった、データが破損したなどデザインデータが失われることは少なくはありません。手元にある名刺でこれまでと同じデザインで名刺印刷を行いたいというのであれば、専門業者に依頼してみましょう。
名刺印刷の専門業者では、現物や画像データからそっくりなデザインの名刺印刷を行ってくれます。つまり、デザインデータが失われたものでも、これまで通り名刺印刷が可能になります。また、作成されたデザインデータは受け取りができるだけでなく、編集も可能です。デザイン自体はそっくりではあるものの、少なからず以前とは異なる部分もあります。ロゴやフォント、画像などを後から鮮明なものに差し替えることができ、最終的には完全復旧が可能になります。また、デザインテンプレートとなるため、社員が多い場合でも1回の依頼で済みます。デザインテンプレート内で必要な情報を社員ごとに修正し、専門業者に名刺印刷として依頼すれば、社員全員分を注文できます。活用次第では、記念に昔使用していた名刺印刷のデザインを復刻したいということも可能であり、創業からの節目の年に利用するのもおすすめです。